カルタ・レプトセパラ [Index] [Back]

Caltha leptosepala

Caltha leptosepala

Caltha leptosepala

Caltha leptosepala

Caltha leptosepala

北アメリカの西部、アラスカ州からニューメキシコ州に分布しています。湿り気のある開けた亜高山帯から高山帯の湿地に生え、高さは30センチほどになります。茎は直立し、茎葉がないかあっても1個です。葉は根生し、長楕円状卵形から丸い腎臓形で、縁は全縁またはシワや鋸歯があるかなどです。5月から6月ごろ、ふつうは白色の、たまには黄色の花を咲かせます。個々の花は直径1〜4センチで花弁がなく、代わりに花弁のような萼片があり、中心には多数の長くて扁平な雄しべと、やや少なめの雌しべがあります。
キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草で、学名は Caltha leptosepala。英名は White marsh marigold。
White marsh marigold (Caltha leptosepala) belongs to the family Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to western North America, from Alaska to New Mexico. This herb grows in open, wet, subalpine and alpine marshes, and it can reach about 30 cm in height. The stems are erect, leafless or with one leaf. The leaves are basal, oblong-ovate to orbiculate-reniform with smooth, wrinkled, or toothed edges. The usually white or sometimes yellow flowers bloom from May to June. Each flower is 1-4 cm wide and lacks petals, having instead petallike sepals with the many long, flat stamens and fewer pistils in the center.
アメリカ・オレゴン州「ロスト湖」にて、2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp