カリカルパ・ロンギフォリア [Index] [Back]

Callicarpa longifolia

Callicarpa longifolia

Callicarpa longifolia

中国の中南部から台湾、東南アジアに分布しています。高さは2〜3メートルになります。葉は狭披針形から長楕円形で、縁には鋸歯があります。5月から8月ごろ、葉腋から集散花序をだし、小さな淡紫色の花を咲かせます。果実は卵形で、秋に紫色に熟します。
クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木で、学名は Callicarpa longifolia。英名はありません。
Callicarpa longifolia belongs to Verbenaceae (Verbena family). It is a deciduous small tree that is native to central-southern China, Taiwan and Southeast Asia. This tree can reach 2-3 m in height. The leaves are narrow-lanceolate to oblong with serrate margines. The cymes are borne in the axiles and bloom small pale purple flowers from May to August. The fruits are ovary and ripen in purple in fall.
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2007年06月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp