カルタ・パルストリス

Caltha palustris

Caltha palustris

Caltha palustris

Caltha palustris

Caltha palustris

Caltha palustris

Caltha palustris

Caltha palustris

Caltha palustris

北半球の高山に広く分布しています。湿地帯に生え、高さは30セン
チほどになり、這って広がります。葉は、円形から心形をしています。
3月から7月ごろ、濃い黄色の花を咲かせます。わが国の「りゅうき
んか (Caltha palustris var. nipponica)」の近縁種です。
キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草で、学名は Caltha palustris。
英名は Marsh marigold。
Marsh marigold belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a
perennial herb that is distributed widely in alpine region of Northern
Hemisphere. This herb grows in marshs and can reach about 30 cm in
height. The leaves are round to cordate. The deep yellow flowers come in
March to July. This species is closely related to Japanese marsh marigold
(Caltha palustris var. nipponica).
[上・中1] スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」
にて、2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4・中5] 同上にて、2009年06月29日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)
[中6・中7] 同上にて、2009年06月29日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中2] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2002年07月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 同上にて、2008年06月18日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] クロアチア・プリトヴィッチェ「湖群国立公園」にて、
2012年04月29日撮影。(photo by Aya Nishizawa)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp