カリステモン・ピニフォリウス

Callistemon pinifolius

Callistemon pinifolius

Callistemon pinifolius

Callistemon pinifolius

Callistemon pinifolius

Callistemon pinifolius

Callistemon pinifolius

オーストラリア東部のニューサウスウェールズ州に分布しています。
森林地帯の湿潤なところに生え、高さは1〜1.5メートルほどになり
ます。葉は線形で非常に狭く、明確な特徴となっています。ブラシの
ような花はふつう緑色ですが、赤花のものも野生で、あるいは栽培に
おいてもときどき見ることができます。「ほそばぶらしのき(Callistemon
linearis)」といくつかの共通点があり、ときおり同じ場所に生育してい
ることがあります。
フトモモ科ブラシノキ属の常緑低木で、学名は Callistemon pinifolius。
英名は Pine-leaved bottlebrush。
Pine-leaved bottlebrush belongs to Myrtaceae (the Myrtle family). It is a
small evergreen tree that is distributed in New South Wales of eastern
Australia. This tree grows in wet forests and woodlands and can reach 1-
1.5 m in height. The leaves are very narrow linear and they can be easily
identified. The brushes are usually green but red flowering forms can be
seen sometimes in the wild and in cultivation. This species has some
similarity with Callistemon linearis and sometimes occurs in the same
locations.
[上・中1・中4] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年03月28日撮影。
[中2・中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。
[中5・下] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、
2007年02月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp