カルーナ・ウルガリス

Calluna vulgaris

Calluna vulgaris

Calluna vulgaris

Calluna vulgaris cv. Mrs. D.F. Maxwell

Calluna vulgaris cv. Mrs. D.F. Maxwell

ヨーロッパからロシアのウラル山脈、北アフリカにかけて広く分布しています。一属一種で、「エリカ」の近縁です。葉はやや多肉質で三角形をしています。葉色の変異が大きく、緑色から黄色、赤色まであります。6月から8月ごろ、総状花序に白色から紅色までの花を咲かせます。中3・下は、園芸品種の「ミセス・マックスウェル(cv. Mrs. D.F. Maxwell)」。
ツツジ科カルーナ属の常緑低木で、学名は Calluna vulgaris。
英名は Heather。
Heather belongs to Ericaceae (the Azalea family). It is a small evergreen tree that is native to Europe, Ural Mountains and northern Africa. It is a the only species in the genus Calluna and closely related to Erica. The leaves are succulentish and triangular. There are various leaf-colors, green to yellow or red. The racemes are borne and bloom white to rose-pink flowers.
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年09月16日撮影。
[中1] 同上にて、2005年09月07日撮影。
[中2] スイス・ベルン州・クライネシャイデックにて、
2007年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3〜4・下] アメリカ・カリフォルニア州メンドシーノにて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp