カンパニュラ・グロメラータ [Index] [Back]

Campanula glomerata

Campanula glomerata

Campanula glomerata

Campanula glomerata

ヨーロッパの中・北部からシベリアに分布しています。石灰岩質の草地に生え、高さは60〜100センチになります。葉は卵形で互生し、茎を抱きます。6月から7月ごろ、茎頂や葉腋に花序をだし、紫色の星形の花を咲かせます。園芸上は、「ほしざきカンパニュラ(星咲きカンパニュラ)」とも呼ばれます。
キキョウ科ホタルブクロ属の多年草で、学名は Campanula glomerata。英名は Clustered bellflower。
Clustered bellflower (Campanula glomerata) belongs to the Campanulaceae (the Bellflower family). It is a perennial herb that is distributed from central and north Europe to Siberia. This herb grows in grasslands on calcareous soils and can reach 60-100 cm in height. The leaves are ovate, alternate and enfold stems. The clusters are borne on stem apices or axiles and bloom purple star-shaped flowers from June to July.
[上・中1〜2] 岐阜県八百津町久田見にて、2007年06月07日撮影。
[下] アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキにて、
2010年07月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp