カンパニュラ・パリイ [Index] [Back]

Campanula parryi

Campanula parryi

Campanula parryi

Campanula parryi

アメリカのフォー・コーナーズの諸州、ワイオミング州南部、アイダホ州北部およびワシントン州に分布しています。湿り気のある山麓や渓谷、牧草地などに生え、高さは10〜20センチになります。葉は線形で長さ7.5センチほど、基部に向かって葉柄があります。上部の茎葉は無柄です。6月から8月ごろ、紫色の花を咲かせます。花はひとつで成長し、上方に向かうか、またはわずかに横に傾きます。 
キキョウ科ホタルブクロ属の多年草で、学名は Campanula parryi。英名は Parry's bellflower。 
Parry's bellflower (Campanula parryi) belongs to the Campanulaceae (the Bellflower family). It is a perennial herb that is native to the Four Corners states, plus south Wyoming, north Idaho and Washington. This herb grows in moist hillsides, canyons and meadows, and up to a height of 10-20 cm. The leaves are linear, up to 7.5 cm long and stalked towards the base. The upper cauline leaves are stalkless. The purple flowers bloom from June to August. They grow singly and point upwards or nod slightly sideways. 
[上・中1] アメリカ・コロラド州「ロッキー山脈国立公園」にて、2017年08月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・下] 同上にて、2017年08月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp