カンパニュラ・ポシャルスキアーナ

Campanula poscharskyana

Campanula poscharskyana

Campanula poscharskyana cv. Alpine Blue

Campanula poscharskyana cv. Alpine Blue

Campanula poscharskyana

Campanula poscharskyana

Campanula poscharskyana

Campanula poscharskyana

Campanula poscharskyana

アドリア海に面したクロアチアのダルマチア地方が原産です。成長が早く、地下茎で広がります。根元からよく分枝して、高さは15〜30センチほどになります。6月から11月ごろまで、星形をした藤色の小さな花を咲かせます。種小名は19世紀のドイツの園芸家「グスタフ・ポシャルスキー(Gustav Poscharsky)」に因みます。写真中2・中3は、園芸品種の「アルペンブルー(cv. Alpine Blue)」。 
キキョウ科ホタルブクロ属の多年草で、学名は Campanula poscharskyana。英名は Serbian bellflower。 
Serbian bellflower (Campanula poscharskyana) belongs to the Campanulaceae (the Bellflower family). It is a perennial herb that is native to Dalmatia in Croatia along the Adriatic Sea. This herb grows fast and spreads by rhizomes. It is much branched at basevand can reach 15-30 cm in height. The flowers are star-shaped, lavender and small, and bloom June to November. The specific epithet is named after 19th German horticulturist Gustav Poscharsky. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
003年06月11日撮影。
[中2・中3] 茨城県小美玉市「美野里花木センター」にて、
2009年04月08日撮影。
[中4・中5] イギリス・ランカシャー州ウォーリーにて、
2015年05月30日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6〜7・下] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年06月28日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp