カンパニュラ・ウェルシコロル [Index] [Back]

Campanula versicolor

Campanula versicolor

バルカン半島からイタリア南東部に分布しています。岩場に生え、高さは50〜120センチになります。葉は根生し、卵形から心形、縁には円鋸歯または鋸歯があり、表面は滑らかでほとんど革質で、葉柄があります。7月から9月ごろ、ベル形から皿状の花を咲かせます。花冠は真ん中が濃いブルーで、周辺は淡いものとなります。 
キキョウ科ホタルブクロ属の多年草で、学名は Campanula versicolor。英名はありません。 
Campanula versicolor belongs to the family Campanulaceae (the Bellflower family). It is a perennial herb that is native to the Balkan peninsula and southeastern Italy. This herb grows on rocky places, and it can reach 50-120 cm in height. The leaves are rosetted, ovate to cordate, crenate or dentate, smooth and almost leathery-textured, stalked. The bell to saucer-shaped flowers bloom July to September. The colora is deep blue at the centre, paler at the circumference. 
ギリシャ・メテオラにて、2014年09月16日撮影。
(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp