キャンドルブッシュ (羽根センナ)

Cassia alata

Cassia alata

Cassia alata

Cassia alata

Cassia alata

Cassia alata

Cassia alata

熱帯アメリカが原産です。幹は直立して、高さは2〜4メートルになり
ます。葉は60センチくらいの羽状複葉で、楕円形の小葉は8〜14
対つきます。乾季に、枝先に総状花序をだして、黄色い花を咲かせ
ます。日よけ樹のほか、駆虫薬や皮膚病の薬としても利用されてい
ます。別名で「ゴールデンキャンドル」とも呼ばれます。
ジャケツイバラ科カワラケツメイ属の常緑低木で、学名は Cassia
alata。英名は Candle bush。
Candle bush belongs to Caesalpiniaceae family. It is an evergreen small tree
that is native to tropical America. The stem is erect and can reach 2-4 m in
height. The leaves are pinnate compound about 60 cm long with 8-14 pairs
of elliptic leaflets. The racemes are borne on the branchinh heads and
bloom yellow flowers in dry-season. This tree is also called Golden candle
and used for shade tree, anthelminthic or skin diseases.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年09月25日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2005年09月14日撮影。
[中4] 同上にて、2005年09月15日撮影。
[中5・下] 同上にて、2006年09月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp