カニステル (果物卵の木)

Pouteria campechiana

Pouteria campechiana

Pouteria campechiana

Pouteria campechiana

Pouteria campechiana

中央アメリカおよび西インド諸島が原産です。熱帯の果樹で、高さは
12メートルほどになります。湿潤な熱帯では周年、葉腋に芳香のあ
る小さな白い花を咲かせます。果実は卵形または紡錘形で、先端が
尖り、果肉は生食されたり、飲料やジャム、デザートなどに利用され
ます。ニコチン酸やビタミンA・Cが多く含まれるそうです。
アカテツ科アカテツ属の常緑高木で、学名は Pouteria campechiana。
英名は Canistel, Eggfruit。
Canistel (Pouteria campechiana) belongs to Sapotaceae (Sapote family). It
is an evergreen tall tree that is native to Central America and West Indies.
This is a tropical fruit tree and can reach about 12 m in height. The scented
small white flowers are borne on the axiles throughout most of the year.
The fruits are ovate or spindle-shaped with acute tips. They are used for
raw diet and the raw material for juice, jam or desert. The fruits contain
rich niacin, vitamin A and C.
[上・中1] 静岡県浜松市「浜松市フルーツパーク」にて、
2005年11月19日撮影。
[中2] 同上にて、2005年01月23日撮影。
[中3] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年12月06日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp