カンナ

Canna x generalis

Canna x generalis

Canna x generalis

Canna x generalis

Canna x generalis

Canna x generalis

Canna x generalis

Canna x generalis

Canna x generalis

Canna x generalis

Canna x generalis

インドやマレー諸島が原産です。茎が筒状なことから、ラテン語で「あし(葦)」を表す言葉が属名となっています。高さは1〜1.5メートルになり、葉は卵状楕円形から楕円形で先端が尖ります。日当たりの良い肥沃な土地を好み、初夏から秋までの長い間、赤色や朱色、黄色などの花を咲かせます。
カンナ科カンナ属の多年草で、学名は Canna x generalis。
英名は Canna、Canna lily。
Canna belongs to the family Cannaceae (the Canna family). The genus name is meaning "reed" in Latin. It is a perennial herbs that is native to India and the Malay Islands. This herb can reach 1-1.5 m in height. Leaves are ovate-elliptic to elliptic and acute tips. It is fond of much sunlight and fertile land. Red or vermillion or yellow flowers come from early summer to fall.
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年02月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中9] 同上にて、2008年03月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1・中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年07月17日撮影。
[中3] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年11月14日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、
2007年03月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6・中7] 同上にて、2007年05月05日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中8] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2009年09月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp