カッパリス・サンドウィッチアナ [Index] [Back]

Capparis sandwichiana

Capparis sandwichiana

低く、寝そべる形態の潅木で、ハワイ諸島の固有種です。海岸の潅木帯や岩の多い海岸砂地に生えます。茎は長さ4.5メートル以上になります。葉は卵形で、長さは2.5〜6センチあります。芳香のある白色の花は、日没後に開き、朝には時間を経て淡いピンク色になります。
フウチョウソウ科フウチョウボク属の小低木で、学名は Capparis sandwichiana。英名は Maiapilo。
Maiapilo (Capparis sandwichiana) belongs to the family Capparaceae (the Caper family). It is a low, sprawling shrub that is endemic to the Hawaiian Islands. This shrub grows in coastal low shrublands and rocky shoresand. The stems can reach up to 4.5 m long. The leaves are oval, 2.5-6 cm long. The fragrant, white flowers open after sunset and by morning have aged to pale pink.
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp