カルダミネ・アマラ [Index] [Back]

Cardamine amara

ヨーロッパの大部分と西アジアに分布しています。湿り気のある牧草地や林、流れの辺などに生え、高さは60センチほどになります。葉は羽状複葉、卵形で鋸歯のある小葉が2〜5対つきます。4月から6月ごろ、白色の、たまには紫色の帯びた花を咲かせます。葯はふじ色です。
アブラナ科タネツケバナ属の多年草で、学名は Cardamine amara。
英名は Large bittercress。
Large bittercress (Cardamine amara) belongs to the Brassicaceae (the Mustard family). It is a perennial herb that is native to most of Europe and West Asia. This herb grows in damp pastures, woods and streamsides, and can reach about 60 cm in height. The leaves are pinnate with 2-5 pairs of ovate, toothed leaflets. The white, rarely purplish flowers with violet anthers bloom from April to June.
クロアチア・プリトヴィッチェ「湖群国立公園」にて、
2012年04月29日撮影。(photo by Aya Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp