カルポブローツス・キレンシス

Carpobrotus chilensis

Carpobrotus chilensis

Carpobrotus chilensis

Carpobrotus chilensis

Carpobrotus chilensis

南アフリカの原産種が自然交配したものと考えられています。アメリのオレゴン州南部からメキシコにかけての太平洋側に分布しています。海岸や断崖に生え、地面を這って広がります。葉は3稜があり多肉質です。4月から9月ごろ、花茎を伸ばして濃いピンク色の花を咲かせます。日差しのあるときだけ開花します。
ツルナ科カルポブローツス属の常緑多年草で、学名は Carpobrotus chilensis。英名は Sea fig、Ice plant。
Sea fig (Carpobrotus chilensis) belongs to the family Aizoaceae (the Ice plant family). It is an evergreen herb that is considered a natural hybrid between South African original species. It is distributed to the Pacific Ocean Side of North America, southward from southern Oregon to Mexico. This herb grows on seashore and bluffs, and spreads by creeping on the grounds. The leaves are triangular and sucullent. The dark pink flowers bloom on the flowering stalks from April to September. They open only during sunlight.
[上] アメリカ・カリフォルニア州フレモント市にて、
2004年04月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] 千葉県銚子市「犬吠埼」にて、2008年09月13日撮影。
(photo by Aya Suehiro)
[中2] アメリカ・カリフォルニア州「ポイントロボス州立公園」
にて、2004年04月12日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中3・下] アメリカ・カリフォルニア州「パシフィックグローブ」にて、2009年06月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp