カルドン

Cynara cardunculu

Cynara cardunculu

Cynara cardunculu

Cynara cardunculu

Cynara cardunculu

Cynara cardunculu

Cynara cardunculu

Cynara cardunculu

Cynara cardunculu

Cynara cardunculu

ヨーロッパ南部から中央アジアが原産です。高さは1〜2メートルになり、葉は緑白色で羽状に深く切れ込みます。7月ごろ、「あざみ」に似た、直径8〜12センチの淡い赤紫色の頭花を咲かせます。棘のある葉柄にはやや苦みがあり、茹でてから料理に使われます。
キク科キナーラ属の多年草で、学名は Cynara cardunculus。
英名は Cardoon、Artichoke thistle。
Cardoon (Cynara cardunculus) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native from southern Europe to Central Asia. This herb can reach 1-2 m in height. The leaves are greeny-white and divided into deep pinnately. The flower-heads are thistle-like, pale magenta, 8-12 cm in diameter, and bloom in July. The spiny leaf-petioles have a bitterish taste, and used for food after boiling.
[上] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年07月15日撮影。
[中2] オーストラリア・シドニー市にて、2004年01月02日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2003年02月23日撮影。
[中5] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6〜8・下] 千葉県香取市大角にて、2016年06月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp