カロライナジャスミン

Gelsemium sempervirens

Gelsemium sempervirens

Gelsemium sempervirens

Gelsemium sempervirens

Gelsemium sempervirens

北アメリカの南部から中央アメリカに分布しています。ワイヤーのよ
うな茎を絡みつかせて伸び、長さは3〜6メートルになります。葉は常
緑で、冬になると赤茶色に変わります。春に、芳香のある黄色い花を
咲かせます。全体にアルカロイドが含まれるため、有毒です。また、
ひとによっては皮膚アレルギーの原因となることがあります。
マチン科ゲルセミウム属の常緑小低木で、学名は Gelsemium
sempervirens。英名は Carolina jasmine。
Carolina jasmine (Gelsemium sempervirens) belongs to the Loganiaceae
family. It is an evergreen shrub that is native to southern North America
and Central America. This shrub twines around other plants by the wire-
like stems, and can reach 3-6 m long. The leaves turn in reddish-brown in
winter. The fragrant yellow flowers bloom in spring. All parts of plants
contain poisonous alkaloid. The plant may cause irritation to skin.
[上・中1〜2] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、
2006年04月25日撮影。
[中3・下] 茨城県小美玉市「美野里花木センター」にて、
2009年04月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp