カリッサ・マクロカルパ [Index] [Back]

Carissa macrocarpa cv. Nana

Carissa macrocarpa cv. Nana

Carissa macrocarpa cv. Nana

Carissa macrocarpa cv. Nana

Carissa macrocarpa cv. Nana

Carissa macrocarpa cv. Nana

南アフリカ北部のクワズールー・ナタール州が原産です。よく分枝して、高さは6メートル以上になります。葉は濃緑色の卵形で光沢があり、対生します。花は蝋質の白色で星形をしていて、ほとんど一年中咲きます。果実は赤色の液果で食べることができ、甘いクランベリーに似た味です。矮性の園芸品種が数多く作出されています。
キョウチクトウ科カリッサ属の常緑低木で、学名は Carissa macrocarpa。英名は Natal plum。
Natal plum (Carissa macrocarpa) belongs to the Apocynaceae (the Dogbane family). It is a small evergreen tree that is native to northern South Africa, KwaZulu-Natal privince. This tree is much-branched and can reach up to 6 m in height. The leaves are dark glossy green, ovate and arranged in opposite. The flowers are white, star-shaped, waxy and bloom almost all year long. The fruits are red berries, edible and taste like sweet cranberries. Many dwarf cultivars have been bred.
アメリカ・カリフォルニア州「バルボア公園」にて、
2007年10月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp