カーネーション (オランダ石竹)

Dianthus caryophyllus

Dianthus caryophyllus

Dianthus caryophyllus

Dianthus caryophyllus

Dianthus caryophyllus

Dianthus caryophyllus

Dianthus caryophyllus

Dianthus caryophyllus

地中海沿岸、フランスの西・南部が原産です。古くから園芸植物として栽培されてきました。わが国へは江戸時代にオランダから渡来し、「オランダせきちく(オランダ石竹)」と呼ばれました。原種は一重咲きですが、園芸品種では八重咲きが主で、花色も赤色やピンク色、赤紫色、黄色、白色などと多彩です。「母の日」にカーネーションを飾る習慣は、20世紀初頭に始まりました。 
ナデシコ科ナデシコ属の多年草で、学名は Dianthus caryophyllus。
英名は Carnation。 
Carnation (Dianthus caryophyllus) belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a perennial herb that is native to the coastal areas of the Mediterranean Sea, west and south France. This herb has been cultivated from the ancient days. It was introduced into Japan via Holland in Edo Era (about 250 years ago). The original species is single blossoms, and the cultivars are mainly double flower. The flower colors are veried, such as red, pink, magenta, yellow or white. The custom of decorating carnations on Mother's day was begun at the start of 20th century. 
[上] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] 千葉県香取市大角にて、2011年05月24日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2011年06月08日撮影。
[中5] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年07月07日撮影。
[中6] 同上にて、2009年07月13日撮影。
[下] アメリカ・オハイオ州「コクス樹木園」にて、
2016年05月22日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp