カサブランカ

Lilium cv. Casablanca

Lilium cv. Casablanca

Lilium cv. Casablanca

Lilium cv. Casablanca

Lilium cv. Casablanca

Lilium cv. Casablanca

Lilium cv. Casablanca

Lilium cv. Casablanca

栽培ユリは大きくいくつかの系統に分けられますが、「カサブランカ」など花が大きくて香りも強いグループは、オリエンタル・ハイブリッド系と呼ばれます。わが国に分布している「ヤマユリ」や「クサユリ」、「カノコユリ」などを交配親にしてオランダで改良されたものです。花屋さんでは、花粉で汚れるとかで雄しべの葯をとったりしますが、きわめて不自然です。 
ユリ科ユリ属の多年草で、学名は Lilium cv. Casablanca。
英名は Casablanca lily。 
The Casablanca lily (Lilium cv. Casablanca) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is one of Oriental hybrid lily. This lily was cross-breeded between "Yama-yuru (Lilium auratum)" , "Saku-yuri (Lilium auratum var. platyphyllum)" and "Tamoto-yuri (Lilium nobilissimum)" in Holland. The large, about 20 cm across, white flowers bloom atop of stem from June to July. It has a strong scent. 
[上・中1〜2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、
2006年07月10日撮影。
[中3・中4] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年11月14日撮影。
[中5〜6・下] 千葉県香取市大角にて、2016年07月19日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp