カッシーネ・クロケア [Index] [Back]

Cassine crocea

Cassine crocea

Cassine crocea

南アフリカやマダガスカルに分布しています。海岸林に生え、高さは15メートル以上になります。葉は濃緑色で光沢があり、革質です。花は小さくクリーム色で、花後には黄色くて食べられない果実をつけます。材は赤みを帯び、堅くて丈夫で、かつては家具などに利用されていました。
ニシキギ科カッシーネ属の常緑高木で、学名は Cassine crocea。
英名は Red saffronwood。
Red saffronwood (Cassine crocea) belongs to Celastraceae (the Bittersweet family). It is a tall evergreen tree that is native to South Africa and Madagascar. This tree grows in coastal forests and can reach up to 15 m in height. The leaves are glossy, leathery and dark green. The flowers are small and cream, and are followed by yellow inedible fruits. The timber are reddish, hard and tough, and was once used for furnitures.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2009年03月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp