カスティレヤ・インディウィサ

Castilleja indivisa

Castilleja indivisa

Castilleja indivisa

Castilleja indivisa

テキサス州の南東部から南西部に分布しています。砂地に生え、高
さは15〜40センチになります。葉は披針形で互生します。3月から
5月ごろ、赤橙色の花を咲かせます。この目立つのは花苞で、実際
の花はクリーム色でほとんど隠れています。
ゴマノハグサ科カスティレヤ属の一年草で、学名は Castilleja indivisa。
英名は Texas paintbrush, Scarlet paintbrush。
Texas paintbush belongs to Scrophulariaceae (Figwort family). It is an
annual herb that is native from south-east to south-west Texas. This herb
occurs in sandy soils and can reach 15-40 cm in height. The leaves are
lanceolate and alternate. The scarlet flowers come in March to May. The
bracts are visible and the flowers are inconspicuous creamy color.
[上・中1] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」
にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・下] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2003年04月20日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp