カッシア・リンドハイメリアナ [Index] [Back]

Cassia lindheimeriana

アメリカの中南部からメキシコ北部に分布しています。乾燥地帯に生え、高さは90〜180センチになります。葉は羽状複葉で、卵形の小葉が4〜8対つきます。柔らかな毛に被われ、銀色のベルベットのように見えます。6月から11月ごろ、先端や上部の葉腋に、黄色い花を咲かせます。家畜にとっては有毒です。
ジャケツイバラ科カワラケツメイ属の常緑低木で、学名は Cassia lindheimeriana。英名は Lindheimer senna。
Lindheimer senna (Cassia lindheimeriana) belongs to the Caesalpiniaceae family. It is a small evergreen tree that is native to central-southern United States and northern Mexico. This tree grows in arid areas and can reach 90-180 cm in height. The leaves are pinnate compound with 4-8 pairs of ovate leaflets. They are covered with soft hairs and appear like silvery velvet. The yellow flowers bloom in terminal or upper axils from June to November. The plant is poisonous to cattle.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp