カスケードペンステモン [Index] [Back]

Penstemon serrulatus

Penstemon serrulatus

Penstemon serrulatus

Penstemon serrulatus

Penstemon serrulatus

Penstemon serrulatus

Penstemon serrulatus

Penstemon serrulatus

Penstemon serrulatus

Penstemon serrulatus

カナダのブリティッシュコロンビア州から南にアメリカのオレゴン州まで分布しています。海岸沿いから亜高山帯の、湿り気のある草地や川の辺、岩場などに生え、高さは20〜75センチになります。茎は直立し、分枝しません。葉は卵形から披針形で、先端は尖ります。下部の葉には短い葉柄があり、上部の茎葉は茎を抱きます。真夏、トランペット形で明るい青色から紫青色の花を、茎頂にある花序に咲かせます。
ゴマノハグサ科イワブクロ属の多年草で、学名は Penstemon serrulatus。英名は Cascades penstemon。
Cascades penstemon (Penstemon serrulatus) belongs to the family Scrophulariaceae (the Figwort family). It is a perennial herb that is native from British Columbia south to Oregon. This herb grows in moist meadows, along streams, rocky areas, from near coast to subalpine, and it can reach 20-75 cm in height. The stems are upright and unbranched. The leaves are ovate to lanceolate with sharp toothed edges. The lower leaves have short petioles and the upper cauline leaves are clasping. The trumpet-shaped, bright blue to purple-blue flowers bloom in the clusters atop the stem in mid summer.
[上・中1〜5] アメリカ・オレゴン州「ベルクナップ・スプリングス」にて、
2013年06月14日撮影。
[中6〜8・下] アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、
2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp