カトレアクローバー [Index] [Back]

Trifolium burchellianum

Trifolium burchellianum

アフリカの南部からアンゴラにかけて分布しています。放牧地や道ばたなどに生え、高さは10〜15センチになります。ほふく枝を伸ばして広がります。葉は三出葉で、くさび状倒卵形からくさび状長楕円形の小葉がつきます。5月から6月ごろ、直径3センチ以上の球状花序に、ピンク色の花を咲かせます。
マメ科シャジクソウ属の多年草で、学名は Trifolium burchellianum。
英名は Burchell's clover、Cape clover。
Burchell's clover (Trifolium burchellianum) belongs to Fabaceae (the Pea family). It is a perennial herb that is native to southern Africa and Angola. This herb grows in grazing lands and roadsides, and can reach 10-15 cm in height. It spreads by stolons. The leaves are trifoliate with cuneate-obovate to cuneate-oblong leaflets. The pink flowers bloom in the globose inflorescence, up to 3 cm across, from May to June.
茨城県小美玉市「美野里花木センター」にて、
2009年04月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp