キャットミント (犬薄荷)

Nepeta x faassenii

Nepeta x faassenii

Nepeta x faassenii

Nepeta x faassenii

Nepeta x faassenii

Nepeta x faassenii

Nepeta x faassenii

地中海沿岸が原産で、高さは40センチくらいになります。甘くてさわ
やかな香りがあり、ポプリに使われます。葉の表面には綿毛が生え、
ビロードのような感じがします。5月から9月ごろ、藤色から紫色の花
を咲かせます。おなじイヌハッカ属の仲間で、白花の「キャットニップ
(N. cataria)」は猫が好きな香りとして有名です。
シソ科イヌハッカ属の常緑多年草で、学名は Nepeta x faassenii。
英名は Catmint。
Catmint (Nepeta x faassenii) belongs to Lamiaceae (Mint family). It is an
evergreen perennial herb that is native to coastal areas of the
Mediterranean Sea. This herb can reach about 40 cm in height. The leaves
are covered with velvety hairs. They have a sweet, brisk scent and used for
a potpourri. The lavender to purple flowers appear from May to
September.
[上・中1] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2009年04月26日撮影。
[中2] 同上にて、2008年03月30日撮影。
[中3・中5] 長野県大町市常盤「ラ・カスタ」にて、
2006年05月09日撮影。
[中4] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp