キャットニップ (筑摩薄荷)

Nepeta cataria

Nepeta cataria

Nepeta cataria

アジアからヨーロッパの温帯地域に広く分布しています。わが国や北
アメリカにも帰化していて、とくに長野県では古くから知られ、「ちくま
はっか(筑摩薄荷)」とも呼ばれます。高さは40〜100センチにな
り、茎や葉は細毛に被われて灰緑色に見えます。6月から8月ごろ、
赤紫色の斑点のある白い花を咲かせます。ハーブティーやネコのお
もちゃなどに利用されます。
シソ科イヌハッカ属の多年草で、学名は Nepeta cataria。
英名は Catnip。
Catnip belongs to Lamiaceae (Mint family). It is a perennial herb that is
distributed widely, from Asia to Europe. This herb is also naturalized in
Japan and North America. It can reach 40-100 cm in height, the leaves
and stems are covered with grayish fine hairs. The white labiate flowers
with magenta mottles come from June to August. The plant is used to
herbal tea or cat's toy.
[上・中] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[下] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp