カトレア

Cattleya cv. Washington Post General

Cattleya cv. White Lollipop

Cattleya cv.

Cattleya cv.

Cattleya cv.

Cattleya cv.

Cattleya cv.

Cattleya cv.

Cattleya cv.

Cattleya cv.

原産地は熱帯アメリカ。約110種の原種があるそうです。葉は革質で厚く、茎はバルブを形成して木などに着生して成長します。18世紀にカトレアを発見したイギリスのウィリアム・キャトレイにちなんで名づけられました。そしてもっとも贅沢で官能的な「らん」として、ヨーロッパ貴族たちに愛されたといいます。写真上の品種は「ワシントンポストジェネラル(cv. Washington Post General)」、中1は「ホワイトロリポップ(cv. White Lollipop)」。
ラン科カトレア属の常緑多年草で、学名は Cattleya(属の総称)。
英名は Cattleya。
Cattleya belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is an evergreen perennial herb that is native to the tropical America. The genus Cattleya consists of about 110 original species. This herb is an epiphyte that usually grows on the tree trunks. The leaves are leathery, thick and the stem forms bulb. The genus name was named in 18th century and derived from Sir William Cattley who discovered Cattleya labiata. Cattleya was loved as a most fine and sensual orchid by European aristocrats.
[上] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
005年11月25日撮影。
[中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年01月12日撮影。
[中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2004年12月07日撮影。
[中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年03月15日撮影。
[中4・中5] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2009年12月20日撮影。
[中6〜8・下] 群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、
2012年03月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp