カリフラワー (花椰菜) [Index] [Back]

Brassica oleracea var. botrytis

Brassica oleracea var. botrytis

Brassica oleracea var. botrytis

Brassica oleracea var. botrytis

Brassica oleracea var. botrytis

Brassica oleracea var. botrytis

Brassica oleracea var. botrytis

Brassica oleracea var. botrytis

Brassica oleracea var. botrytis

ヨーロッパの地中海沿岸が原産です。「ブロッコリー」が白化した突然変異種で、古くから栽培されていました。わが国では、第二次大戦後に普及しました。高さは50〜80センチになり、3月から4月ごろ、黄色い花を咲かせます。食用にするのは、乳白色の花蕾です。和名では「はなやさい(花椰菜)」と呼ばれます。
アブラナ科アブラナ属の一・二年草で、学名は Brassica oleracea var. botrytis。英名は Cauliflower。
Cauliflower belongs to the Brassiaceae (the Mustard family). It is an annual or biennial herb that is native to the coastal areas of Mediterranean Sea. This herb is an albinistic mutant of Broccoli and has been cultivated from the ancient days in Europe. It became common after the Second World War in Japan. This herb can reach 50-80 cm in height, and blooms yellow flowers from March to April. The creamy-white curd is eaten.
[上・中1] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年12月19日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年12月09日撮影。
[中3・中4] 茨城県神栖市土合西にて、2008年04月22日撮影。
[中5] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年11月15日撮影。
[中6〜7・下] 千葉県香取市大角にて、2011年11月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp