コーカサスさわぐるみ (コーカサス沢胡桃)

Pterocarya fraxinifolia

Pterocarya fraxinifolia

Pterocarya fraxinifolia

Pterocarya fraxinifolia

イラン北部からウクライナにかけてのコーカサス地方が原産です。こ
の地方の山地では、もっともふつうに見ることができる樹木です。成
長が早く、高さは20〜30メートルになります。葉は光沢があり、濃緑
色の羽状複葉で互生します。小葉は、長楕円形から披針形で鋸歯が
あります。6月に花を咲かせ、果実は枝から下垂して10月から12月
に熟します。英名は、種子のかたちが「蝶ナット(Wingnut)」に似てい
ることから。
クルミ科サワグルミ属の落葉高木で、学名は Pterocarya fraxinifolia。
英名は Caucasian wingnut。
Caucasian wingnut (Pterocarya fraxinifolia) belongs to the Juglandaceae
(the Walnut family). It is a tall deciduous tree that is native to Caucasia;
from northern Iran to Ukraine. This tree can be found most commonly in
mountains of this area. It grows fast and can reach 20-30 m in height. The
leaves are glossy, dark green, pinnate compound, and arranged in
alternate. The leaflets are oblong to lanceolate and serrate. The flowers
bloom in June. The fruits are drooping down, and ripen from October to
December. The common name is derived from the shape of seed
(wingnut).
[上・中1] 東京都文京区「小石川植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中2・下] アメリカ・ニューヨーク州「ブルックリン植物園」にて、
2002年10月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp