ケファロフィルム・アルストニー [Index] [Back]

Cephalophyllum alstonii

Cephalophyllum alstonii

南アフリカの西ケープ地方、冬季降雨地域にあるケレス・カルーに分布しています。多肉質で地面を這います。葉は三角形の断面で長さ6〜12センチ、緑色ががって真っ直ぐ、表面はなめらかです。冬に大きな真っ赤な花を咲かせます。花期は6月から9月です。
ツルナ科ケファロフィルム属の常緑多年草で、学名は Cephalophyllum alstonii。英名はありません。
Cephalophyllum alstonii belongs to the family Aizoaceae (the Ice plant family). It is an evergreen perennial herb that is native to the Ceres Karoo of Western Cape where is the winter-rainfall area. This herb is a creeping succulent. The leaves are triangular, about 6-12 cm long, greenish, erect, and the surface is smooth throughout. The large blood-red flowers bloom in winter (June to September).
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2013年01月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp