ケラスティウム・ラティフォリウム

Cerastium latifolium

Cerastium latifolium

Cerastium latifolium

Cerastium latifolium

ヨーロッパアルプスからアペニン山脈それにカルパチア山脈に分布
しています。岩場や砂礫地に生え、高さは5〜10センチになります。
カーペット状に広がります。卵形から楕円形の葉は灰緑色で、先端
が尖り、腺毛が生えています。6月から8月ごろ、白色の花を咲かせ
ます。
ナデシコ科ミミナグサ属の多年草で、学名は Cerastium latifolium。
英名はありません。
Cerastium latifolium belongs to Caryophyllaceae (Carnation family). It is a
perennial herb that is native to Alps, Apennines and Carpathians. This herb
occurs in montane rocks and screes, spreads to carpet-like and can reach
5-10 cm in height. The leaves are ovate to elliptic and grayish-green with
acute tips and glandular hairs. The white flowers come in June to August.
[上・中1] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山
植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・下] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2002年07月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp