ケレウス・モンストローセ

Cereus hildmannianus var. monstrose

Cereus hildmannianus var. monstrose

Cereus hildmannianus var. monstrose

Cereus hildmannianus var. monstrose

Cereus hildmannianus var. monstrose

基本種はブラジルの南東部からアルゼンチンの北部に分布していま
す。この変種は、高さは4.5メートルほどですが、濃い青緑色の茎
が捩れ、奇妙なかたちです。これは成長点が変化することに起因し
ます。棘座には赤色または金色の短い棘が生えています。花は直径
15センチほどの白色で夜に開き、卵形の果実は赤色に熟します。
サボテン科ケレウス属の柱サボテンで、学名は Cereus hildmannianus
var. monstrose。英名は Giant club, Curiosity plant。
Giant club belongs to Cactaceae (Cactus family). It is an evergreen
perennial herbacious plant. The host species is distributed southeastern
Brazil to northern Argentina. This variety grows up to 4.5 m in height. Stems
are bluish green, and twisted, looked like a monster. Twisting is because by
changing growing point. Reddish or golden spines are short, born on the
areoles. Flowers are white about 15 cm in diameter and open at night.
Fruits are egg-shaped and ripen red.
[上] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] アメリカ・ニューヨーク市「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03月18日撮影。
[中3] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp