ケストルム・エレガンス (紅花夜香花)

Cestrum elegans

Cestrum elegans

Cestrum elegans

Cestrum elegans

Cestrum elegans

Cestrum elegans

Cestrum elegans

メキシコが原産です。高さは1〜2メートルくらいになり、枝は垂れ下がります。葉は綿毛に被われ、筒型の紫紅色の花を咲かせます。濃い赤色の実をつけます。和名では「べにばなやこうか(紅花夜香花)」または「べにちょうじ(紅丁子)」と呼ばれます。 
ナス科キチョウジ属の常緑低木で、学名は Cestrum elegans(syn. Cestrum purpureum)。英名は Red cestrum、Purple jasmine。 
Red cestrum (Cestrum elegans) belongs to the Solanaceae (the Nightshade family). It is a small evergreenl tree that is native to Mexico. This tree can reach 1-2 m in height, and the branches are drooping. The leaves are covered with woolly hairs. The flowers are tubular peach bloom and following bloom the fruits ripen red. 
[上・中1] アメリカ・カリフォルニア州「ゴールデンゲートパーク」
にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年03月03日撮影。
[中3] 静岡県浜松市「浜松フラワーセンター」にて、
2007年03月14日撮影。
[中4] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] 福島県いわき市「いわき市フラワーパーク」にて、
2014年03月01日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp