カエナクティス・ダグラシイ [Index] [Back]

Chaenactis douglasii

Chaenactis douglasii

Chaenactis douglasii

Chaenactis douglasii

Chaenactis douglasii

Chaenactis douglasii

北アメリカの西部、カナダのブリティッシュコロンビア州からサスカチュワン州、それにアメリカのカリフォルニア州からニューメキシコ州に分布しています。潅木のある草原や放棄地、道ばたなどに生え、高さは50〜60センチになります。茎は直立して広がり、くも毛に被われています。葉には毛が多く、多くの裂片に、複雑に分裂しています。その先端は、渦巻いたり捻れたりしています。初夏に頭花を咲かせます。頭花には、腺毛があり、いくつかの白色またはピンク色がかった筒状花が平らかに並び、葯が突き出ます。
キク科カエナクティス属の二年草または多年草で、学名は Chaenactis douglasii。英名は Douglas' dustymaiden。
Chaenactis douglasii (Douglas' dustymaiden) belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is a biennial or perennial herb that is native to western North America from British Columbia to Saskatchewan to California to New Mexico. This herb grows in shrub-steppe, distributed areas and roadsides, and it can reach 50-60 cm in height. The stems are erect to spreading, and coated in cobwebby hairs. The leaves are hairy, and are divided intricately into many lobes with curled or twisted tips. The flower-heads bloom in early summer. They are lined with flat, glandular, and contains several white or pinkish tubular flowers with protruding anthers.
アメリカ・オレゴン州ベンド市「パイロットビュート」にて、
2013年06月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp