カマエドレア・サイフリツィー

Chamaedorea seifrizii

Chamaedorea seifrizii

メキシコから中央アメリカに分布しています。雨林の低木層に生え、
高さは2メートルほどになります。茎は細長くて節があり、「タケ」の似
ています。葉は羽状複葉で、12個ほどの小葉がつきます。葉鞘から
花梗を伸ばしてくすんだ黄色の花を咲かせます。花後、果実はオレ
ンジ色から黒色に熟します。
ヤシ科カマエドレア属の常緑小低木で、学名は Chamaedorea seifrizii。
英名は Bamboo palm, Reed palm, Seifriz's chamaedorea。
Bamboo palm belongs to Arecaceae (Palm family). It is an evergreen small
tree that is native to Mexico and Central America. This palm thrives
understory of rainforests and can reach about 2 m in height. Its stem is long
and slender with nodes, and similar in appearance to bamboo. Leaves are
pinnately compound with about 12 leaflets. Dull yellow flowers arise from
the leaf sheaths, following bloom the fruits ripen orange to black.
オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年12月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp