ケノポディウム・ボヌスヘンリクス [Index] [Back]

Chenopodium bonus-henricus

Chenopodium bonus-henricus

Chenopodium bonus-henricus

ヨーロッパの中部から南部が原産です。牧草地や農地、道端などに生え、高さは10〜60センチになります。葉は三角形から菱形で、基部は広く張り出します。5月から10月ごろ、長い穂状花序をだし、小さな緑色の花を咲かせます。長い間、野菜として栽培されていましたが、現在では雑草となっています。
アカザ科アカザ属の一年草または二年草で、学名は Chenopodium bonus-henricus。英名は Good King Henry。
Good King Henry belongs to Chenopodiaceae (the Goosefoot family). It is an annual to biennial herb that is native to central and southern Europe. This herb grows in pastures, farmyards or roadsides and can reach 10-60 cm in height. The leaves are triangular to diamond-shaped with a pair of broad pointed lobes near the bases. The small green flowers come in the long spikes from April to October. This herb had been grown as a vegetable for hundreds of years, nowadays it is a weed.
[上・中] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ルツェルン州「ピラトゥス山」にて、
2009年06月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp