キリタ・ミクロムーサ

Chirita micromusa

Chirita micromusa

Chirita micromusa

東南アジアのタイに分布しています。有茎種で雨林の林内に生え、
岩上などに着生します。葉は大きな卵状長楕円形で、長さ25センチ
以上あり、ビロード状の軟毛に被われます。夏から秋にかけて、鮮や
かな橙黄色の花を咲かせます。花冠の咽部にはえび茶色の斑点が
あります。果実は長いバナナ形の刮ハで、このことから「リトルバナ
ナ」と呼ばれることがあります。
イワタバコ科キリタ属の多年草で、学名は Chirita micromusa。
英名はありません。
Chirita micromusa belongs to Gesneriaceae (African violet family). It is a
perennial herbacious plant that is distributed in Thailand. This is a caulescent
epiphyte that occurs on rocks in rainforests. Leaves are large up to 25 cm
long, ovate-oblong with soft velvety hairs. From summer to fall, bright
orange-yellow flowers with maroon spots in the throat are seen. This plant
is sometimes called 'Little banana' because of its long banana-shaped seed
pods.
兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp