キルシウム・パルストレ [Index] [Back]

Cirsium palustre

Cirsium palustre

Cirsium palustre

Cirsium palustre

ヨーロッパが原産です。湿地や湿り気のある野原、荒れ地や流れの縁に生え、高さは2メートル以上になります。丈夫な茎はわずかに分枝し、小さな棘で被われています。葉は大きく切れ込みがあり、縁は濃紫色で棘があります。6月から9月ごろ、先端が紫色の苞に包まれた、濃紫色の頭花を枝先に咲かせます。花には多くの種類の昆虫が訪れます。 
キク科アザミ属の二年草で、学名は Cirsium palustre。
英名は Marsh thistle、European swamp thistle。 
Marsh thistle (Cirsium palustre) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a biennial herb that is native to Europe. This herb grows in marshes, wet fields, moorland and beside stream, and can reach up to 2 m in height. The strong stems have few branches and are covered in small spines. The leaves are large and lobed with spiny, dark purple edges. The dark purple flower-heads with purple-tipped bracts bloom at the top of branches from June to September. The flowers are visited by a wide variety of insects. 
[上・中1〜2] イギリス・スコットランド・ベンロウワーズにて、
2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・スコットランド・カウンダー「ブラックリン滝」にて、
2016年06月07日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp