キルシウム・スピノシッシムム

Cirsium spinosissimum

Cirsium spinosissimum

Cirsium spinosissimum

Cirsium spinosissimum

Cirsium spinosissimum

Cirsium spinosissimum

Cirsium spinosissimum

Cirsium spinosissimum

Cirsium spinosissimum

Cirsium spinosissimum

ヨーロッパアルプスやアペニン山脈に分布しています。標高3100メ
ートルまでの高山の草地に生え、高さは20〜120センチになりま
す。ロゼットの葉は長くて羽状に分裂し、棘の多い鋸歯があります。
茎葉には葉柄がなく、茎を抱きます。7月から8月ごろ、黄白色の頭
状花を2〜10個咲かせます。総苞片は直立して長い棘があります。
キク科アザミ属の多年草で、学名は Cirsium spinosissimum。
英名は Yellow thistle。
Yellow thistle belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a perennial
herb that is native to Alps and Apennines. This herb grows in upland
meadows 900-3100 m elevation and can reach 20-120 cm in height. The
basal leaves are long and pinnatisect with spinose toothed edges. The
cauline leaves are sessile and enfold stems. The 2-10 whitish-yellow
flowerheads come in July to August. The phyllaries are erect with long
spines.
[上・中1] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2002年07月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・下] 同上にて、2008年06月19日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中2] スイス・ベルン州インターラーケン「シーニゲプラッテ高山
植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3〜中5] スイス・ベルン州グリンデルワルト「バッハアルプゼー」
にて、2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] 同上にて、2009年06月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] スイス・ベルン州クライネシャイデックにて、
2007年06月30日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp