キスツス・ラダニフェル [Index] [Back]

Cistus ladanifer

Cistus ladanifer

Cistus ladanifer

Cistus ladanifer

地中海地域の西部が原産です。野原や草地などに生え、高さは1〜2.5メートルになります。葉は披針形で濃緑色、対生します。花は白色の5弁花で、ふつう基部に赤色からえび茶色の斑があります。葉は、ラブダナムと呼ばれる芳香のある含油樹脂が採れ、香水に利用されます。
ハンニチバナ科ゴジアオイ属の常緑小低木で、学名は Cistus ladanifer。英名は Gum rockrose。
Gum rockrose (Cistus ladanifer) belongs to the Cistaceae (the Rockrose family). It is a evergreen shrub that is native to the western Mediterranean region. This herb grows in fields and grasslands, and can reach 1-2.5 m in height. The leaves are lanceolate, dark green and opposite. The flowers are five-petaled, white, usually with a red to maroon spot at the base, and bloom in summer. Its leaves yield a fragrant oleoresin known as labdanum, used in perfumes.
[上・中1] スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中2] ポルトガル・アルガルヴェ地方カストロマリンにて、
2016年01月24日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2016年02月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp