クレイトニア・ペルフォリアータ [Index] [Back]

Claytonia perfoliata

Claytonia perfoliata

Claytonia perfoliata

北アメリカの西部、ブリティッシュコロンビアからバハカリフォルニアにかけて分布しています。湿り気のある日陰に生え、高さは10〜35センチになります。多肉植物で、直径5センチほどの円形の葉が1個だけつきます。3月から7月ごろ、総状花序をだし、小さな白色の花を咲かせます。葉は食用になります。わが国では、「パースレインウィンター」という園芸名で流通しています。
スベリヒユ科クレイトニア属の一年草で、学名は Claytonia perfoliata。英名は Miner's lettuce, Indian lettuce。
Miner's lettuce belongs to Portulacaceae (Purslane family). It is an annual herb that is native to western North America, British Columbia south to Baja California. This herb occurs in moist, shady places and can reach 10-35 cm in height. It is a succulent plant and the leaf is solitary, circular to 5 cm wide. The raceme of tiny white flowers come in March to July. The leaves are edible.
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp