クレイトニア・シビリカ [Index] [Back]

Claytonia sibirica

Claytonia sibirica

Claytonia sibirica

Claytonia sibirica

Claytonia sibirica

Claytonia sibirica

Claytonia sibirica

Claytonia sibirica

Claytonia sibirica

シベリアから北アメリカの西部、アラスカ州から南にカリフォルニア州、それに東にモンタナ・ユタ州に分布しています。低地から中くらいの標高の湿り気がある森に生え、高さは20〜40センチになります。根生葉は披針形から菱状卵形で、茎葉は倒卵状菱形から広披針形で対生します。3月から9月にかけて、総状花序を伸ばし、白色から濃いピンク色、またはキャンデーストライプの5弁花を咲かせます。
スベリヒユ科クレイトニア属の一年草または短命の多年草で、学名は Claytonia sibirica。英名は Siberian springbeauty。
Siberian springbeauty (Claytonia sibirica) belongs to the family Portulaceae (the Purslane family). It is an annual or short-lived perennial that is native to Siberia and western North America, from Alaska south to California, east to Montana and Utah. This herb grows in moist wood at lowlands to mid-elevations, and it can reach 20-40 cm in height. The basal leaves are lanceolate to rhombic-ovate, and the cauline leaves are obovate-rhombic to broadly lanceolate and opposite. The flowers are white to deep pink or candy-striped, five petaled, and bloom in the elongated racemes from March to September.
[上・中1〜4] アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、
2013年06月15日撮影。
[中5] アメリカ・オレゴン州「ロスト湖」にて、2013年06月16日撮影。
[中6〜7・下] アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、
2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp