クレマチス・アルピナ

Clematis alpina

Clematis alpina

Clematis alpina

Clematis alpina

Clematis alpina

Clematis alpina

Clematis alpina

ヨーロッパに分布しています。亜高山帯の岩礫地や林内に生え、長
さは1〜4メートルになります。葉は2回3出複葉で、披針形の小葉に
は鋸歯があります。春から夏にかけて、4個の花弁状の萼片をもつ
ベル形の花を咲かせます。萼片は淡青紫色で、白い仮雄蘂がありま
す。痩果には羽状毛が生えます。
キンポウゲ科センニンソウ属の落葉小低木で、学名は Clematis
alpina。英名は Alpine virgin's bower。
Alpine virgin's bower belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is
a deciduous shrub that is native to Europe. This shrub grows in subalpine
gravels or woodlands and can reach 1-4 m in height. The leaves are
biternate compound with lanceolate toothed leaflets. The bell-shaped
flowers come in spring to summer. The sepals are pale bluish-purple with
white staminodium. The fruits are achenes with long plumose.
[上・中1] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山
植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中3・中4] 同上にて、2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp