クレイストカクツス・バウマンニイ [Index] [Back]

Cleistocactus baumannii

Cleistocactus baumannii

Cleistocactus baumannii

南アメリカのボリビアからパラグアイ、ウルグアイそれにアルゼンチン北部が原産です。基部から株立ち状になり、長さは1.2メートル以上になります。茎は直径3センチほどで、14稜があります。中棘は1個、縁棘は15〜20個あります。夏に長さ6〜7.5センチの鮮やかな赤色の花を咲かせます。果実はピンク色に熟し、食べることができます。
サボテン科クレイストカクツス属の柱サボテンで、学名は Cleistocactus baumannii。英名は Scarlet bugler, Firecracker cactus。
Scarlet bugler belongs to Cactaceae (Cactus family). It is a columnar cactus that is native to Bolivia, Paraguay, Uruguay and northern Argentina. This cactus is basally clumping and can reach up to 1.2 m long. The stem is about 3 cm in diameter and has 14 ribs. It has one central spine and 15-20 radial spines. The bright red flowers, 6-7.5 cm long come in summer. The fruits ripen pink and are edible.
アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp