クレベランドセージ

Salvia clevelandii

Salvia clevelandii

Salvia clevelandii

Salvia clevelandii

Salvia clevelandii

Salvia clevelandii

アメリカのカリフォルニア州南部からバハカリフォルニアに分布しています。高さは60〜150センチほどになり、葉は線形または披針形です。5月から6月ごろ、数段の輪状集散花序に淡い青紫色の花を咲かせます。清涼感のある芳香がありますが、料理にはあまり使われないそうです。 
シソ科アキギリ属の常緑多年草で、学名は Salvia clevelandii。
英名は Cleveland sage。 
The Cleveland sage (Salvia clevelandii) belongs to the family Lamiaceae (the Mint family). It is an evergreen perennial herb that is native from southern California to Baja California. This herb can reach 60-150 cm in height. The leaves are linear to lanceolate. The pale bluish purple flowers bloom in the annular cymes from May to June. The plant has a brisk aroma, though it is not usually used as a flavoring ingredient in cooking. 
[上・中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。
[中2〜4・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2013年05月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp