クレイストカクツス・サマイパタヌス [Index] [Back]

Cleistocactus samaipatanus

Cleistocactus samaipatanus

Cleistocactus samaipatanus

ボリビアが原産です。標高1000〜2000メートルの樹林帯の岩の多い露頭に生え、高さは1.5メートルになります。複数の長く細い柱状の茎があり、稜は14〜17個、淡い金色の棘もつきます。鮮やかな赤色からピンク色の花は長さ5センチ、直径は2.5センチになり、夏に咲きます。果実は小さな球形で赤みを帯び、白色と褐色の羊毛が密について、長さと幅は1センチほどです。 
サボテン科クレイストカクツス属の柱サボテンで、学名は Cleistocactus samaipatanus。英名はありません。 
Cleistocactus samaipatanus belongs to the Cactaceae (the Cactus family). It is a columnar cactus that is native to Bolivia. This grows on rocky outcrops in forests, 1,000-2,000 m above sea level, and up to a height of 1.5 m. It has multiple long, narrow columnar green stems with 14 to 17 ribs and pale gold spines. The brilliant red to pink flowers are up to 5 cm long and up to 2.5 cm in diameter, and bloom in summer. The fruits are small, spherical, and reddish with dense white and brown wool, up to 1 cm long and wide. 
[上] イギリス・リッチモンド・アポン・テムズ「キューガーデン」にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中・下] 同上にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp