クレイストカクツス・ウィンテリ [Index] [Back]

Cleistocactus winteri

Cleistocactus winteri

Cleistocactus winteri

Cleistocactus winteri

Cleistocactus winteri

Cleistocactus winteri

Cleistocactus winteri

アルゼンチンからウルグアイに分布しています。柱の大きな塊をつくり、高さは90センチ以上、直径は6センチほどになります。このサボテンは多くの短い金色の棘があり、文字通り茎の表面を被っています。春から夏にかけて、サーモンピンクの花をいっぱい咲かせます。
サボテン科クレイストカクツス属の柱サボテンで、学名は Cleistocactus winteri。英名は Golden rat tail。
The Golden rat tail (Cleistocactus winteri) belongs to the Cactaceae (the Cactus family). It is a columnar cactus that is native from Argentina to Uruguay. This cactus forms masses of columns, and it can reach up to 90 cm in height, about 6 cm in diameter. It has many short bristly golden spines that literally cover the surface of the stems. The abundant salmon-pink flowers bloom in spring and summer.
[上・中1] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2〜中4] 同上にて、2010年02月18日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] 同上にて、2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp