クリビア・ガルデニイ [Index] [Back]

Clivia gardenii

Clivia gardenii

南アフリカのクワズール・ナタール州が原産です。海岸沿いの斜面や湿地などに生え、高さは80〜130センチになります。葉は鮮緑色の剣形で35〜90センチの長さがあります。晩秋から冬にかけて、花茎をのばして、緑色の口元が目立つ橙赤色から黄色の花を咲かせます。花冠は8〜13ミリの狭い漏斗形です。
ユリ科クンシラン属の多年草で、学名は Clivia gardenii。
英名はありません。
Clivia gardenii belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial herb that is native to KwaZulu-Natal of South Africa. This herb occurs in coastal sloping areas or marshy places and can reach 80-130 cm in height. The leaves are bright green, ensiform 35-90 cm long. The flowers are orange-red to yellow with pronounced green tips and come from late fall to mid-winter. The corolla is narrowly funnel-shaped 8-12 mm long.
[上] オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2007年05月27日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp