クルシア・ロセア

Clusia rosea

Clusia rosea

Clusia rosea

Clusia rosea

中央アメリカのメキシコ南部から南アメリカの北部、それに西インド諸
島やバハマ諸島に分布しています。はじめは他の樹木などに着生
し、気根を伸ばして成長します。高さは10メートル以上になります。
枝を折ると黄色い乳汁がでます。倒卵形の葉は革質で厚く、対生し
ます。枝の先端や葉腋に白色の花を咲かせますが、時間が経つとピ
ンク色に変わります。果実は球形で直径5〜8センチあり、先端から
7〜9裂して数多くの真っ赤な種子をだします。
オトギリソウ科クルシア属の常緑小高木で、学名は Clusia rosea。
英名は Autograph tree, Balsam apple。
Autograph tree belongs to Clusiaceae family. It is an evergreen semi-tall
tree that is distributed from south Mexico south to northern South America
and West Indies, Bahamas Islands. This tree is often beggining as an
epiphyte on other trees and hanging aerial roots, and can reach up to 10 m
in height. Yellow saps ooze when breaked a branch by hand. Leaves are
obovate, opposite, thick and leathery. White flowers are born on the
terminals or axiles, and aging to pink. Fruits are globose capsules 5-8 cm in
diameter, splitting open from the top along 7-9 or more seams, with
numerous red seeds.
[上・中1〜2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年10月03日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年09月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp